2012年9月(2)

2012年9月(1)へ2012年9月(3)へ

2012年日誌目次へ戻る

リンク(街、とみしょうや、うるまユニオン、ピースアクションなど)のページはこちら

国鉄闘争全国運動のホームページはこちら

NAZENブログはこちら

福島診療所建設委員会ホームページはこちら

9月8日(土)
アメアパ分会初街宣@渋谷

 

 

 

 

9月6日(木)

りんたろう亭:Rougher ! Riot !!

万願寺とうがらしと鶏胸肉の炒め

厚揚げの肉野菜あんかけ

かぼちゃの中華粥

9月4日(火)

やったぜ!解雇撤回!!#2 西部ユニオンアメアパ分会

素人の乱松本さん紹介の「ボブブラック労働廃絶論」抜粋

やったぜ!解雇撤回!!#2 西部ユニオンアメアパ分会

かいこてっかいケーキ

はなこスペシャルハンバーグ

素人の乱松本さん紹介の「ボブブラック労働廃絶論」抜粋

「ボブ・ブラック『労働廃絶論』を読むしかない!

知る人ぞ知る、『労働廃絶論』。どこの馬の骨かわからない、謎のアメリカ人が書いたとんでもない論文!
なんだかしらないが、相変わらず暗く陰気くさい空気が渦巻く日本なので、つべこべ言わず、これを読んでみよう! 
「ばか革命」の書」(素人の乱5号店店主日記から転載)

以下 「労働廃絶論」の抜粋だが、「労働から遊びへ」は、プチ労で言っている横の軸”くそな労働からいい働きへ(Change Crappy labor into Good work)

と変わらない。そして、縦の軸は”資本との対決”。(コメント りんたろうSHOBO)

 

ボブ・ブラック 『労働廃絶論』 (1985年)
http://www.ne.jp/asahi/anarchy/anarchy/data/black1.html

人は皆、労働をやめるべきである。(No one should ever work. ⇒Laborの意味か)

それは、「何もするな」という意味ではない。


私は 「遊び(play)」
(playには楽器を演奏する、ダンスを踊る、芝居を演じる、賭けをする、スポーツをするなどの意味もある)に基づいた、新しい生き方を主張しているのだ。

労働の私の最小限の定義は「強制された仕事」すなわち「強制的な生産」である。

労働の廃止は、量的・質的な二つの方向から実行することが必要である。
まず一つは量的な側面である。我々は労働の量を大幅に減らさなければならない。
もう一つ − これが問題の要点であり、革命的な新しい出発だと私は考えるのだが − 我々は有用な労働を残し、それを、ゲームのようなそして技能のような、多種多様な娯楽に変換しなければならない。

ポールとパーシバルのグッドマン兄弟は、20年前に、全労働の5パーセントで、我々の衣食住の最低限の必要は満たされるであろうと推定した。(正確に計算すれば、現在はさらに低いだろう)

労働の大半は、商業や社会管理といった非生産的な仕事にすぎないということだ。

次に、生産労働に大ナタを振るうことにしよう。
軍需産業、原子力産業、ジャンクフード産業、女性用衛生デオドラント製品などは必要ない。 中でも、自動車産業が不要なことは言うまでもない。

最後に、ダントツに最大の職業、最も長い時間を要する職業、賃金が最低で最も退屈な職業を廃絶しなくてはならない。
私は家事や育児に従事する主婦労働のことを言っているのだ。
賃金労働を廃止し、完全失業を達成することによって、我々は性による分業の基礎を堀り崩すのである。
私が本当に見たいと望むのは、「労働」を「遊び」に変えることである。
その最初のステップは「仕事」や「職業」という観念を捨てることであろう。
労働を「遊び」に変える秘密は、シャルル・フーリエが証明したように、いろんな人々がいろんな時に、実際に楽しんでやっていることは何でも利用して、有用な活動にアレンジすることである。

第二に、人々は時々なら、苦にならないことがある。ただしそれが長時間だったり、常時だったりしなければである。

第三に、他の条件が同じとして、一人だけでやらされたり、不快な環境でやらされたり、エラそうな奴の命令でやらされるなら、面白く思えないこともあるだろう。 だが、もしこれらの条件が変わるならば、少なくともしばらくの間は、楽しめるのではないだろうか。
労働廃絶論者は、ほとんどのことを自分たちでやっていくことになるだろう。
労働によって台無しにされている人々の創造力を解放すると何が生じるかは、誰にもわからない。何でも起こりうるのだ。

「自由vs必要」という退屈な論争は、「必要なモノの生産が、楽しい遊びの消費行動と同一の次元になる」という神学的なニュアンスとともに解決するのである。

誰も働くべきではない。
万国の労働者・・・リラックスせよ!

http://www.ne.jp/asahi/anarchy/anarchy/data/black1.html(英語原文)

ページトップへ

2012年9月(1)へ2012年9月(3)へ

2012年日誌目次へ戻る

2012年 日誌

提携店東京北部ユニオン「街」分会(オープンスペース街)のホームページは上↑をクリックしてください!

姉妹店とみしょうや、うるまユニオン、目黒ピースアクションのホームページは下↓をクリックしてください!

inserted by FC2 system