たみとや日誌

2010年7月(3)

2010年7月(2)へ2010年7月(4)へ

日誌目次へ戻る

リンク(街、とみしょうや、うるまユニオン、ピースアクションなど)のページはこちら

詳しくは↑をクリック

国鉄闘争全国運動ホームページ↑をクリック

7月12日(月)

りんたろう亭:目黒ピースアクション

経団連、「武器輸出3原則」緩和を提言!!まんま!!!

りんたろう亭:目黒ピースアクション

熱い日には、タイ料理 目玉焼きが難しい⇒

タイめし「ガパオ」(鶏のバジル炒めかけご飯)

タイ風揚げ茄子のサラダ(鶏挽肉と干しエビの炒めかけ)

厚揚げの夏野菜炒めかけスイートサワーソース

経団連、「武器輸出3原則」緩和を提言!!まんま!!!

日本経団連は13日、武器や武器関連技術の輸出を原則的に禁じている「武器輸出3原則」の緩和を求める提言を発表した。

 新たな輸出原則をつくり、戦闘機などの高い技術が必要な兵器の共同開発に、日本企業も参加できるよう求める内容だ。年末に改定される「防衛計画の大綱」に反映させるよう政府に働きかける。

 提言では、「防衛装備品の調達数の減少による生産効率の低下により、投入したコストを回収できない」と日本の防衛産業の経営の厳しさを指摘した。その上で、兵器の国際共同開発が進んでいるにもかかわらず、「(日本は)武器輸出3原則により、共同開発に参加できず、技術的な鎖国状態に陥っている」として、現行の原則を改め、積極的な共同開発への参加が可能となるよう求めている。(7月13日読売新聞)

7月11日(日)

「誰も勝利しなかった選挙」

戦争の無い平和な世界をつくる・・・・義務がある・・・オホーツクの大地から〜北見闘争団日記

反安保、自衛隊の「海外派兵」・協同転地演習反対!「浜大樹揚陸訓練」反対!7.9全道抗議集会

全道各地から抗議の為に集会に結集したが・・・・警察に守られながら「軍事演習」は今年も強行された・・・
  33年間におよぶ道民の「平和」に対する思いが、またも踏みにじられた・・・・

巨大なホバークラフト型揚陸船が、平和で静かな漁村である「浜待機」の砂浜に爆音と共に向かってくる・・・本当の戦争だと思うと「ゾッと」した・・・・

この集会が始まった33年前には国労が中心となって闘ってきた・・・・

  当時、上陸は夜明けと共に行われる事になったいた・・・自衛隊は強行しようとしていた・・・しかし反対派と漁業関係者が手を取り合い、夜明けに住宅前を戦車が走ったり、騒音を出すのは地域住民の理解は得られないと自衛隊に申し入れ、何度も交渉するうちに現在の早朝8時からの時間帯になったそうだが、公道で戦車は走らせないとデモを行ったり、様々な闘争があったそうだ・・・・

  再度、国労の組合員・団員よ!厳しさや任務、環境は分かるが、自分達の職場の問題や闘い、自分の住む地域だけではなく、社会や平和について大きく目を向けて欲しい・・・少なくなった国労だが・・・特に闘争団は考え合いたい・・・・

・・・・隊員の多くは20代前半のように見えた・・・・団員の子供たちと同世代だろう・・・・

  隊員を憎む事は出来ないが「戦争」は憎むべき犯罪だ・・・・「仕事だからやらなくてはならない」問題ではない・・・・

  彼らが本当に戦場へと借り出されたらと思うと胸が痛む・・・・自衛の為の自衛隊が武器を片手に海外へと派兵されている・・・・軍隊に変わりない・・・

  このような日本に、戦場に子供たちを送り出した責任は私達にある・・・・・

  中曽根発言どおりに何もかもがやられ、物言える労働者・労働組合が潰されていった・・・私達は今の現実を受け止めてはならない。絶対に「戦争の無い、平和な世界」を築かなければ・・・・

私たちが何故、国鉄分割民営化反対・1047名解雇を取り組むのか?

福祉の家「西荻館」:えいじんぐ〜地域の中で〜最新号(第200号)(2010年7月1日発行)

それは解雇された労働者が「解雇撤回」を言えなくなる社会・・そんな社会には「福祉」も「社会保障」も「人権」もあるはずがない。そう思うからです。国鉄分割民営化は「社会丸ごと民営化」の始まりでした。とりわけ、介護保険は介護福祉分野の国鉄分割民営化でした。介護保険をもって、介護は切り売りされ、労働者はバラバラにされました。今在宅介護現場は、ヘルパー同士が顔を合わせる機会もない。介護は115分単位です。そして解雇どころか、「契約切り」「更新なし」と切り捨てられていきます。1047名が解雇撤回を投げ捨てた時、今後どんな声も上げられなくなる。だから、絶対反対で訴訟を続ける動労千葉と国労闘争団は、希望そのものです。

Minoru先輩すいか差入れ

残り物活用:動労物販ひじき炒め煮(大分りゅうきゅう残り出汁と梅)

三里塚大根と鶏に煮物、きゅうりの酢の物

7月10日(土)

とみしょうや:発展的閉店!とみしょうやは永遠に不滅です!

りんたろう亭:Active-Hiyokoトーク会その5

☆☆☆とみしょうやからお客様へ☆☆☆

いつもご愛顧いただきありがとうございます。
誠に勝手ながら2010年6月末日より、
とみしょうや実店舗(西小山店)は当面の間、
休業させていただくことになりました。

店主とみしょうが画家業と育児に多忙になり、
体力的に厳しくなってきたという実情もふまえて、
実店舗は休業しますが,今後はBEST GROUPを母体とし、
オンラインストアの充実や、フリマ・ライブ・絵画展等のイベント企画、
絵画教室などにチカラを注いでゆきます。

今後の新たなとみしょうやの活動を暖かく見守っていただければ幸いです。

とみしょうや店主 Shoko Tomita McNeil

久々 大分「りゅうきゅう」魚はかんぱち

茄子の冷製黒酢生姜醤油

三里塚きゅうりとトマトと豚肉の豆板醤炒め

↑クリックすると動きます⇒

ページトップへ

2010年7月(2)へ2010年7月(4)へ

日誌目次へ戻る

提携店東京北部ユニオン「街」分会(オープンスペース街)のホームページは上↑をクリックしてください!

姉妹店とみしょうや、うるまユニオン、目黒ピースアクションのホームページは下↓をクリックしてください!

inserted by FC2 system