たみとや日誌

9月(3)

日誌9月(2)へ日誌9月(4)へ

日誌目次へ戻る

9月14日(日)

秋祭り

りんたろうSHOBOの趣旨(2)、頑張れペシャワール会 

たみとやは、15日(月):祝日、16日(火):定休日でお休みです

・とみしょうやからのお客さんで研究者のU島さんは、憲法9条の改悪を阻止する「9条科学者の会」に入っている。

・アジアの国の女性の地位向上の活動もされているそうだ。

9条科学者の会のホームページ

りんたろうSHOBOの趣旨(2)

Saeki画伯の感想:( )内は店主コメント

ミーティングでは、りんたろう亭(あのー”亭”じゃなく”SHOBO")の在り方について…というかりんたろう亭(だから。。SHOBOはまだショボイけどね)趣旨の説明をして頂きました♪
「資本に支配しきれない労働」
「素敵な労働」(=働き)

合ってますかTよしさん!(笑)(そうです!!)
のお話はまさに私が目指したい事でした!
アーティストとしてもっともっと楽しく稼いでいきたいです!生きていく為に!

Saekiのブログ
☆サックスパンチ☆

Saekiの描いた仕事先の看板
Saekiがりんたろう亭の黒板に描いた絵

ペシャワール会頑張れ!

ペシャワール会ホームページから↓

 私達は伊藤和也さんというかけがえのない仲間を失いました。
  深い悲しみの中におりますが、困難を乗り越え現地事業を継続して いくことが伊藤さんの遺志と信じ、進んで行きたいと思います。
  このたびは全国の方からご心配とお悔やみの言葉をいただきました。
  心より御礼申し上げます。

お詫びと訂正

9月12日日誌に掲載したパグ犬ジムの絵(右⇒)は、実はパグ犬モモちゃんの絵でした。

同じくとみしょうやデザインのジムの絵は←左です。

お詫びして訂正します。

きのこスパゲティ
初挑戦:ハンバーグ、形悪いが味はまあよい
9月13日(土)

たみとや:水戸3人娘長女定期視察、秋祭りで好調

りんたろう亭:りんたろうSHOBOの趣旨

祭りに浴衣を着たビビ
水戸の3人娘長女Ichikoさんが会社の先輩F沢さんを連れて来てくれました。定期視察?とみしょうやとりんたろう亭にも寄ってくれました↓相変わらず元気!
お祭りに行くご常連の皆さん
夜のりんたろう亭はとみしょうや集団の予約

・食事後は、”りんたろうSHOBOの趣旨など"について、”はじめてのミーティング”(?)。

・かしこまる皆さん。少し態度の大きいりんたろう亭兼りんたろうSHOBO店主。

店主説明を聞く皆さん
店主の代わりに説明するNinfとみしょうや(うごきます)

りんたろうSHOBOの趣旨

    テーマ:素敵に働くこと、そうできる世の中をつくること

      ・グローバリゼーション、資本主義が世界の隅々に広がった。戦争、差別、貧困が増大し、労働がEnjoyできないし、食えない。

      ・労働は、ひとのために素敵な、大事な価値をつくること。それは素敵に生きること。だから、あらためて、“素敵に働くこと”を追求したい。それは、同時に、“資本に支配しきれない労働”を追求すること。

      ・グローバリゼーションに抗するために、賃金労働での資本との闘いと、“資本に支配しきれない労働”を、“さらに”作り、渦のように大きくすることとが必要だ。

      子供を育てること、食事をつくること、洗濯・掃除をすること、“介護”すること。絵を描くこと、歌を、文を、ものを、場をつくること。

      ・これらの“非賃金労働”は、“資本に支配しきれない労働”の大事な、強力な候補だ。

      ・忘れてはいけない、賃金労働が“素敵に働くこと”になることを。店主も30年、“協同組合の会社”でEnjoyもしてきた。

      ・ただ、グローバリゼーションの日本で、今、非正規賃金労働者は3割を超えた。それは、まず、“生きさせろ!”だ。

      ・これを“生きさせ、生きる”ためにも、“資本に支配しきれない労働”で資本を包囲する。

「おれも」と参加するりんたろう
「よっ!SHOBOの部長!」と声のかかるりんたろう

参考1:はじめてのたみとや:りんたろうSHOBO店主からひとこと

参考2:トラブル頻発 『ゼロゼロ物件』9月14日東京新聞特報

 「敷金、礼金、仲介料ゼロ」。こんなふれこみでアパートを紹介し、入居者からの家賃振り込みが一日でも遅れれば、違約金の請求や鍵の交換、室内の荷物の処分まで。都内を中心にした「ゼロゼロ物件」と呼ばれる賃貸住宅で、こんなことが相次いでいる。弁護士らは「安い物件を求める貧困層を食い物にしている」と業者を批判。近く一斉提訴する動きも出ている。

9月12日(金)

今日のたみとや

30年ぶりのシャッター修理:素敵なシャッター直しの人たち

大家Heizo寿司店以来、とみしょうやTも守ってきたシャッターを30年ぶりに修理。

今日も全部換えると高いのでガムテープで補修とかしていたところ、「一部修理しますよ」と足立区から巡回しているシャッター屋さんが登場。たみとやに急に光が射したようにまぶしかった。

1時間もかからず、素敵な仕事ぶりだった。

その大家Heizoは町内から”敬老のお祝い”をもらった(うごきます)
大家夫人も元気にサングラス
山梨からきた大家の孫Jun。来年春には1児の父。パパと来店。
Y木さんが好評”大学いも”を差し入れてくれた。
京都のえばっちから暑中見舞い
えばっちは、ひどい待遇で入院させられている心の病の人を退院させたり、電気ショックを使う医者を告発したりする”キーサン革命”を闘っている人です!

久し振りパグ犬ジム登場。祭りの半被着用

とみしょうやが描いたジム
ご存じビビ
3者面談
手製:あじのたたき
手製:あおりいかの刺身
あおりいかのゲソとねぎ、オクラのぬた

ページトップへ

日誌9月(2)へ日誌9月(4)へ

日誌目次へ戻る

2008年 ヨッシーとジュゴンの家 日誌

提携店オープンスペース街のホームページは上↑をクリックしてください!

姉妹店とみしょうや、、ジュゴンの家、のホームページは下↓をクリックしてください!

 

inserted by FC2 system